早稲田大学會津八一記念博物館

東洋美術史の研究者として、また歌人、書家としても知られる會津八一を記念して、1998年に早稲田大学早稲田キャンパス2号館内に設置された博物館です。2号館は当初、大学の図書館として建てられたもので、早稲田キャンパスに現存する最も古い建築です。東洋美術、近代美術、考古学を主な対象領域とし、2万点を超える作品・資料を収蔵しています。横山大観と下村観山による巨大な円形の日本画「明暗」や前田青邨の「羅馬使節」、八一自身の書や彼が蒐集した名品、富岡重憲コレクションをはじめ多くの寄贈資料があります。常設展示室、富岡重憲コレクション展示室のほか、企画展示室では年数回の企画展を開催するなど、早稲田大学の貴重な文化遺産を幅広く展示しています。

郵便番号
169-8050
住所
東京都新宿区西早稲田1-6-1 (早稲田キャンパス2号館)
TEL/FAX
03-5286-3835/03-5286-1812
URL(日本語)
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/

上へ戻る