早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

「エンパク」の名で親しまれる早稲田大学坪内博士記念演劇博物館は、1928(昭和3)年10月、坪内逍遙博士が古稀の齢(70歳)に達したのと、その半生を傾倒した「シェークスピヤ全集」全40巻の翻訳が完成したのを記念して、各界有志の協賛により設立されました。
以来、アジアで唯一の演劇専門博物館として、日本国内のみならず、世界各地の演劇・映像関連資料の収集につとめてきました。
およそ100万点にもおよぶ膨大なコレクションは、90年培われた“演劇の歴史”そのものといえるでしょう。演劇人・映画人ばかりでなく、文学・歴史・服飾・建築をはじめ、様々な分野の方々の研究に貢献しています。

郵便番号
169-8050
住所
東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL/FAX
03-5286-1829/03-5273-4398
URL(日本語)
https://www.waseda.jp/enpaku/

上へ戻る