早稲田文化芸術週間2016

芸術の秋、日本の音色 (終了しました) 学生と職員による三味線・箏・尺八演奏 

開催エリア
大久保・高田馬場・早稲田ヴィレッジ
ジャンル
フェスティバル 音楽 伝統芸能

日本の伝統的な楽器である三味線・箏・尺八による演奏を間近で聴いてみませんか?
今回は「地唄」と呼ばれる江戸時代に親しまれた音楽を、本学の学生と職員がコラボレーションして演奏します。地唄には様々な流派が存在し、演奏者も異なる流派で経験を積んできました。
普段聴く機会のあまりない音楽ですが、古来から受け継がれる三つの和楽器の優しい音色に是非ふれていただければと思います。皆さまのご来場をお待ちしております

開催日程
10/12(水)
開催時間
18:15~19:30
会場名
大隈小講堂   
住所
-
シールラリー
-

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
大石 勇人(総務部法人課職員)、関 達也(教育・総合科学学術院事務所職員)、高木 愛(先端生命医科学センター事務所職員)、渡邉 友理(文学学術院事務所職員)、久保田 慎(先進理工学研究科修士2年)
料金
無料
申し込み方法
申込不要
チケット取り扱い
-
アクセス
-
お問い合わせ
文化企画課
☎ 03-5272-4783
バリアフリー
車椅子
多言語対応
-
登録団体
早稲田大学

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る