早稲田文化芸術週間2019

祖父が語らなかったこと ソ連強制収容所を経験したドイツ人の物語

開催エリア
大久保・高田馬場・早稲田ヴィレッジ
ジャンル
写真

スターリン時代のソ連では、多くの人々が強制収容所に送られました。そこには共産主義を信じ、外国からやってきた人すら含まれていました。本展示では、写真と解説で、ソ連当局に不当に扱われたあるドイツ人の一生をたどり、20世紀の歴史の一端を振り返ります。

開催日程
10/3(木)~10/15(火)
開催時間
10:00-18:00(ただし、10/3は12:00から、10/15は16:00まで)
会場名
ワセダギャラリー   (早稲田キャンパス27号館地下1階)
住所
-
シールラリー
-

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
-
料金
無料
申し込み方法
申込不要
チケット取り扱い
-
アクセス
東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分、都電荒川線 早稲田駅 徒歩5分
お問い合わせ
小森宏美
☎ komori@waseda.jp
バリアフリー
-
多言語対応
-
登録団体
早稲田大学

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る