富岡展「しつらいの美」

開催エリア
大久保・高田馬場・早稲田ヴィレッジ
ジャンル
美術

誰が袖図屏風 1 ・誰が袖図屏風 2

富岡重憲コレクションによる、江戸時代の室内を飾った絵画と工芸作品を集めた展覧会です。展示室の空間を大きく占めるのは、衣桁(いこう)に掛けられたきらびやかな衣装を金地に描いた六曲一双の『誰(た)が袖(そで)図屏風』で、今回の見どころの一つです。

絵画作品はほかに、狩野洞雲(かのうどううん)(1625~1694)の絵に禅僧・玉舟宗璠(ぎょくしゅうそうばん)(1600~1668)が賛を施した『王昭君(おうしょうくん)図』、幕末三筆の一人とされる貫名海屋(ぬきなかいおく)(1778~1863)の『湖東清月図』、富士山を描いた椿椿山(つばきちんざん)(1801~1854)の『三保望岳図』を展示します。

また、一客ごとに異なる季節の草花などを描いた『漆絵足付盆』、煙管を置く道具である『秋草蒔絵莨盆(たばこぼん)』、酒を温める鋳鉄製の『桐文燗鍋(かんなべ)』など、室内の生活をゆたかに彩る作品の数々をお楽しみください。

開催日程
5/17(水)~6/22(水)
休館日:6月2日(水)9日(水)16日(水)
開催時間
10:00-17:00
会場名
早稲田大学會津八一記念博物館   1階 富岡重憲コレクション展示室
住所
新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス 2号館
スタンプラリー
-

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
-
料金
無料
申し込み方法
申込不要
チケット取り扱い
-
アクセス
早稲田駅 徒歩5分
お問い合わせ
早稲田大学會津八一記念博物館
☎ 03-5286-3835
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2021/03/25/3382/
バリアフリー
-
多言語対応
-
登録団体
早稲田大学會津八一記念博物館

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る