早稲田文化芸術週間2016

占領期の早稲田1945~1952 ‐新生への模索‐ (終了しました)

開催エリア
大久保・高田馬場・早稲田ヴィレッジ
ジャンル
フェスティバル ミュージアム

本企画展では、戦災にみまわれたキャンパスの再建、理念や組織の再編、復員学生や沖縄出身学生等の処遇、スポーツ・文化活動の再開といったトピックに焦点をあて、戦後、早稲田大学が再出発する姿を活写します。

開催日程
9/30(金)~11/6(日)
※10/2(日)、10/9(日)、10/16(日)、10/30(日)、11/3(木)、11/4(金)閉室
開催時間
10:00~18:00
会場名
125記念室(大隈記念タワー(26号館)10階)   
住所
-
スタンプラリー
-

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
-
料金
無料
申し込み方法
-
チケット取り扱い
-
アクセス
-
お問い合わせ
大学史資料センター
☎ 042-451-1343
バリアフリー
-
多言語対応
-
登録団体
早稲田大学

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る