オペラ「神々の黄昏」〈新制作〉 平成29年度(第72回)文化庁芸術祭オープニング・オペラ公演
新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン オープニング公演
楽劇「ニーベルングの指環」第3日 

開催エリア
新宿駅西口ヴィレッジ
ジャンル
音楽

新国立劇場開場20周年記念となる2017/2018シーズンは、ワーグナー「ニーベルングの指環」四部作の掉尾を飾る『神々の黄昏』で開幕します。
飯守泰次郎の指揮、ゲッツ・フリードリヒの演出で2015年から3シーズンにわたり新制作上演している「指環」がいよいよここに完結します。
『神々の黄昏』は、ハーゲンの策略によるジークフリートの死、ブリュンヒルデの自己犠牲と世界の救済、そして神々の終焉が巨大な管弦楽で圧倒的な迫力を持って描かれた大作。
「ジークフリートのラインへの旅」「ジークフリートの葬送行進曲」「ブリュンヒルデの自己犠牲」など聴きどころも多数です。

ジークフリート役は本「指環」シリーズで主要テノール4役出演という偉業に挑んでいるステファン・グールド。
ブリュンヒルデ役にはワーグナー歌手として絶頂期にあり世界各地で活躍するペトラ・ラング、ハーゲン役には同役をバイロイト音楽祭でも歌い、2016年『ワルキューレ』フンディングで鮮烈な印象を残したアルベルト・ペーゼンドルファーを迎えました。
オペラ界の頂点に君臨し続ける名歌手ヴァルトラウト・マイヤーが、ヴァルトラウテ役で出演するのも大きな話題です。
新国立劇場のオーケストラピットに初めて入る読売日本交響楽団の演奏、新国立劇場合唱団の迫力ある歌唱にもご期待ください。

開催日程
10/1(日)・10/4(水)・10/7(土)・10/11(水)・10/14(土)・10/17(火)
開催時間
10/1(日)14:00
10/4(水)16:00
10/7(土)14:00
10/11(水)14:00
10/14(土)14:00
10/17(火)16:00
会場名
新国立劇場   オペラパレス
住所
渋谷区本町1-1-1
スタンプラリー
-

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
指揮:飯守泰次郎
演出:ゲッツ・フリードリヒ

ジークフリート:ステファン・グールド
ブリュンヒルデ:ペトラ・ラング
アルベリヒ:島村武男
グンター:アントン・ケレミチェフ
ハーゲン:アルベルト・ペーゼンドルファー
グートルーネ:安藤赴美子
ヴァルトラウテ:ヴァルトラウト・マイヤー
ほか

管弦楽:読売日本交響楽団
料金
S席27,000円 A席21,600円
B席15,120円 C席8,640円 D席5,400円
Z席1,620円*

*Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。
*Z席(各日42席)とZ【音のみ】席(舞台が完全に見えません。各日4席)は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィスおよびコンビニエンスストア(セブン-イレブン、サークルK・サンクスに限る)の端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚です。

※上記の方法での先着販売後、残席がある場合は、公演当日朝11:00からボックスオフィス窓口でも販売いたします。
※電話での予約は承れません。
申し込み方法
一般発売日:2017年6月18日(日)
チケット取り扱い
チケットぴあPコード: 321-493
ローチケHMVLコード: 39190
アクセス
京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結。
お問い合わせ
新国立劇場ボックスオフィス
☎ 03-5352-9999(10~18時)
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/gotterdammerung/
バリアフリー
車椅子、字幕、その他
多言語対応
英語、その他
登録団体
新国立劇場

主催:文化庁芸術祭執行委員会/新国立劇場
協力:日本ワーグナー協会

本公演は、フィンランド国立歌劇場(ヘルシンキ)の協力により上演されます。

・就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
・壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
・公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
・公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る