【終了しました】美術愛住館コレクション それぞれ展

開催エリア
市谷・四谷ヴィレッジ
ジャンル
美術

前回好評につき終了した美術愛住館コレクション「それぞれ展」の第2弾。現代日本の洋画界を牽引する作家たちの作品を、厳選して公開します。
コレクションの中心に位置する池口史子が2012年に恩賜賞・日本芸術院賞を受賞した代表作《深まる秋》の大作をはじめ、モンドリアン風の様式で抽象への志向を覗かせる大沼映夫、そして新たに、キュビスム的な視点で女性や花などを上品に描いた島田章三、優しく幻想的な画風に自身のはかない記憶を託した大津英敏を加えた、個性豊かな作家たちの作品を一度にご覧いただけます。
 当館のコレクションの特色と油彩画のそれぞれの魅力を、都会の喧騒を忘れさせる小さな美術館でぜひご堪能ください。

開催日程
2019年6月12日(水)~7月28日(日)
休館日:月曜日、火曜日 ※ただし7月15日(月)は開館
開催時間
11:00~18:00(入館は17:30まで)
会場名
美術愛住館   
住所
新宿区愛住町2-5
スタンプラリー
スタンプラリー対象イベント

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
-
料金
一般・大学生=500円
小・中・高校生=300円
申し込み方法
-
チケット取り扱い
-
アクセス
丸ノ内線「四谷三丁目」駅2番出口徒歩3分
都営新宿線「曙橋」駅A1出口徒歩8分
お問い合わせ
美術愛住館
☎ 03-6709-8895
http://aizumikan.com
バリアフリー
車椅子
多言語対応
-
登録団体
美術愛住館

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る