『レオポルトシュタット』 令和4年度(第77回)文化庁芸術祭主催公演 新国立劇場 開場25周年記念公演 2022/2023シーズン 演劇 

開催エリア
新宿駅西口ヴィレッジ
ジャンル
演劇

英国の劇作家トム・ストッパードの最新作を日本初演

英国の劇作家トム・ストッパードの最新作『レオポルトシュタット』を日本初演いたします。『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『コースト・オブ・ユートピア』『アルカディア』など、日本でもこれまで多くの作品が上演されているストッパードが「最後の作品になるかもしれない」としたことから、その上演前より大きな話題を呼び、2020年1月にロンドンで世界初演を迎えると瞬く間に絶賛されました。20年のオリヴィエ賞作品賞を受賞し、ブロードウェイをはじめ英国国外での上演も既に決定している本作で描かれているのは、あるユダヤ人一族の物語。戦争、革命、貧困、ナチスの支配、そしてホロコーストに直面した20世紀前半の激動のオーストリアに生きた一族の一大叙事詩は、50代で初めて自らのユダヤ人としてのルーツを知ったというストッパードの自伝的要素も含まれているといわれています。

翻訳に超大作『コースト・オブ・ユートピア』を手掛けた広田敦郎を迎え、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『かもめ』『ほんとうのハウンド警部』などこれまで数々のストッパード作品に演出者・翻訳者として携わってきた演劇芸術監督の小川絵梨子が演出を手掛けます。この大作をおよそ30名のキャストと共にお届けします。

開催日程
2022年10月14日(金)~10月31日(月)
開催時間
公演日程は新国立劇場ウェブサイトをご確認ください。
会場名
新国立劇場   中劇場
住所
渋谷区本町1-1-1

※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期、または中止の可能性があります。最新の情報は主催団体にお問い合わせください。

出演者
【作】トム・ストッパード
【翻訳】広田敦郎
【演出】小川絵梨子

【出演】浜中文一、音月 桂、村川絵梨、土屋佑壱、岡本 玲、浅野令子、木村 了、那須佐代子 ほか
料金
S席 8,800円、A席 6,600円、B席 3,300円、Z席 1,650円(10%税込)
申し込み方法
新国立劇場ボックスオフィス 電話:03-5352-9999/Web:http://nntt.pia.jp/
チケット取り扱い
-
アクセス
京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結
お問い合わせ
新国立劇場ボックスオフィス
☎ 03-5352-9999
https://www.nntt.jac.go.jp/play/leopoldstadt/
バリアフリー
車椅子
多言語対応
英語
登録団体
新国立劇場

主催:文化庁芸術祭執行委員会、新国立劇場
後援:ブリティッシュ・カウンシル

同じジャンルのおすすめのイベント

上へ戻る